モビット審査

モビット審査で落ちるのはナゼ?

せっかく、便利なカードローンに申し込もうと思ったのに、いざふた(モビットからのお知らせメール)を開けてみれば「審査否決」と書かれていた......。こんな結果になってしまったらモビットに期待した分、がっかりしてしまいますよね? そこで今回は、モビットの審査に落ちないために「スムーズに審査に受かるための対策法」について、考えてみたいと思います。

 

モビットの審査に通るには、まず以下のポイントを守る必要があります。

 

○ 審査に通るよう対策を練る
○ 申し込みの回数を制限する
○ 過去の利用履歴を事前にチェックしておく
○ 審査で必要な書類、提出するデータに間違いがないかチェックする
○ 収入の3分の1を越えないよう借入希望額を決定する

 

モビットは銀行系のカードローンですが、年収の3分の1を越える借入はできない融資商品(総量規制の対象ローン)です。このため、申し込みの段階で年収と釣り合わない金額は申請してはいけません。他社での借入があれば、その分を差し引きして、カードの借入希望額を決定しましょう。

 

【借入可能枠・計算の仕方】

年収240万円の人が、既に20万円の借入をしていれば残りの60万円が総量規制の中での制限金額となります。このため、60万を越える金額を記入しても審査に通ることはありません。審査に落ちやすい方は、制限される金額をオーバしていないかどうか、もう一度確かめるようにしてください。

 

【過去の借入・返済は大丈夫?】

過去の借入・返済状況を確認しておくことも重要です。自分では気がつかない場所で、返済できていない借入が残っているかもしれません。分からない明細があれば、まずは信用情報機関などに問い合わせをしてみましょう。自分の借入がどのようになっているのか確認するだけでも(カードローン)の通過率は大きく変わります。どこで申し込んでも可決されない......という方は、ぜひこれらの方法を試してみてください。

モビット・債務整理しても借りられる?

債務整理をされた方は、モビットに限らずどのカード会社でも否決されることが多いです。ただ、カードローンによる借入を完全に諦める必要はありません。

 

中には、債務整理をしても一定の期間を経過すれば、モビットで融資が下りたという方もいらっしゃいます。また特定調停などの後、きちんと返済を続けていた方に対しては、数年の期間を開けて融資が可決されるケースも多く見られます。このため、返済をきちんと続けていれば、カード発行や融資を諦めることはないのです......。

 

【信用情報機関への開示請求】

もし、借入できるのか心配な方は、各カードローン会社が利用している「信用情報機関」に情報開示を請求してみてください。モビットが利用している信用情報機関は、以下の通りです。

 

1. 全国銀行個人信用情報センター(全銀協)
2. 株式会社CIC
3. 株式会社テラネット

 

【全国銀行個人信用情報センターに加盟するモビット】

モビットは消費者金融カードローンに分類されますが、一般的な消費者金融が加盟する、全国信用情報センター連合会(FCBJ)ではなく、銀行系の企業が加盟する「全銀協」に加盟しているところに特徴があります。

 

このため、他社の消費者金融カードローンで問題のあった方でも、モビットの審査は何の問題もなく即可決される......ということが(数回に一度)起こっているようです。

 

このような報告を目にすると「まるで、賭けみたいな申し込みで不安を感じる」という方もいらっしゃいますが心配はいりません。モビットの公式サイトには「簡易審査サービス」が用意されており、審査に可決されるかどうか、わずか10秒で調べることができるのです。

 

もちろん、簡易審査なので完全な結果が出る訳ではありません。きちんと調べたい方は、モビットが利用しているCICやテラネット、全銀協など「信用情報機関」に問い合わせをしてみてください。

 

情報開示は郵送だけでなく、ネットからも申し込み可能です。借入や過去の利用履歴に傷が付いていないかどうか(現在の利用履歴も含めて)今一度、確認してみてください。